スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルワクチン、ナゾの盗難(読売新聞)

 京都府長岡京市の済生会京都府病院で、新型インフルエンザのワクチン16本が盗まれていたことがわかった。

 同病院から5日、届け出を受けた向日町署は窃盗容疑で捜査。厚生労働省は「全国的にも聞いたことがない被害だ」としている。

 発表によると、盗まれたのは1ミリ・リットル入りアンプル16本で、子ども用として使うと最大80回分にあたる。同病院2階にある小児科外来の職員用休憩室で冷蔵庫に入れて保管していたが、昨年最後の接種日だった先月25日夕から看護師が冷蔵庫を確認した今月4日朝までの間に、なくなっていたという。

 府によると、ワクチンは先月以降、府内の各病院に希望通り、配分していた。担当者は「供給量は十分で、なぜ盗まれたのかわからない」と話している。

海外移住計画
わくわくランド
クレジットカード現金化
無料ホームページ
ネイルサロン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。